MENU

株の取引でしてはいけないこと

株の取引でしてはいけないことについて説明していきたいと思います。株の初心者の人にはきちんと知ってもらうように、また株の投資家さんたちには改めて頭に置いておいてもらえればと思います。株の取引でしてはいけないとこの1つ目は相場操縦行為(そうばそうじゅうこうい)です。これは相場を故意に変動させたり、又は水準の価格に固定させたりなど、その相場があたかも自然の需給関係で成立しているかのように他のを誤解させることをいいます。もっと簡単に説明するならば株価を自分の思い通りに動かそうとしている行動です。

 

株の取引でしてはいけないことの2つ目は見せ玉(みせぎょく)の禁止です。これは簡単に言うと株の見せかけ注文の禁止ということです。どういったことかというと株を売ったり買ったりするつもりがないのに大量に売りますということや買いますとうことの注文を発注、訂正、取り消しを行うことです。こういった行為は証券取引法で禁止されているのでしてはいけません。他にはなれあい売買の禁止や仮装売買の禁止といったものもあります。要するに株に関わらず騙したりうそをついての行動派いけないということです。株を始めるにあたって株の取引でのしてはいけないことも勉強するようにしましょう。

株の証券会社選びについて

株を始めるにあたって証券会社を決めなけばいけません。ですが株を始めようと考えている人は株にたいしてまったくの初心者になります。証券会社もどこにすれば良いか迷ってしまう人も少なくないと思います。株を始めるときの証券会社の選ぶポイントなどについて紹介していきたいと思います。

 

株の取扱をしている証券会社というのは数多くあります。まずはどんな証券会社があるのか調べなければいけません。調べてみるとズラリとたくさんの証券会社が出てくると思いますが、選ぶポイントとして、まずは、株の取引をするのに必ず必要となってくる「手数料」がどれくらいかかるのか比較します。株の売買をするたびに手数料というのは掛かってきますから、安いほうが良いですよね。証券会社によっては手数料無料というところもありますから、比較は欠かせられません。次に証券会社を選ぶポイントとしてはその証券会社のサービス内容です。やはりすこしずつ会社によって内容が違ってきますから、自分が株の投資をしていくうえでもっともサービス内容が活用できるところにしたほうが良いと思います。次に証券会社を選ぶポイントとしては通貨ペア数で比較してみます。通貨ペア数が多いほうがそれだけ幅広くなるというわけですから、少ない会社よりは多いほうが良いと思います。

株専門用語について

株の専門用語というのは実は数え切れないほどたくさんあります。株の投資家さん達ならある程度の株の専門用語は知っていると思いますが、株の投資しようと考えている初心者さんなら覚えるのは大変かもしれません。よく使う株の専門用語を紹介していきたいと思います。

 

まず何と言っても株に欠かせられない「チャート」という言葉ですね。このチャートというのは株価をグラフ化したものをいいます。売り買いのタイミングやトレンドを予測するのに重要な物です。次に「デイトレーダー」という言葉も株でよく聞きますよね。このデイトレーダーというのは1日に何度も売り買いを繰り返して少しずつ利益を出していく株の投資家のことをいいます。これは株式を翌日に持ち越すということはありません。また「トレンド」という言葉も株ではよく聞きますね。このトレンドというのは相場の傾向や方向性のことをいいます。上昇、下降、横ばいの3種類があります。「ファンド」という言葉も株に欠かせられない言葉ですが、このファンドというのは一般的に投資信託のことをさしています。他には「銘柄」という言葉ですね。これは有価証券の名称をさしています。また各企業の証券コードは銘柄コードと呼ばれています。